今宵、月が綺麗なので風俗へ

特別でも何でもない楽しさです

風俗の時間と言うのがようやく自分の中で当たり前というか、結構いろんな楽しさが待っているってことに気付かされたんですよ。昔は風俗で遊ぶとなれば決意したその日の朝からちょっとした緊張状態と言うか、一日テンションが高めになていたものですし、会社帰りに風俗でもって思ったらお店の中でどうしてもそわそわしていたものですけど、最近ではそういったこともなくなりましたね。むしろ誰もが当たり前のように楽しめる時代ということは、つまりはそれだけ自由に楽しめるし、何よりも手軽さもありますので、特別なサービスではなくなりつつあるのかなと思う一方で、女の子と楽しめるという点に関してはやっぱり特別な時間を過ごせているというか、そこに自分自身でも大きな魅力があるよなってことは実感しています。だから最近では風俗への向き合い方が自分でも変わりつつあるなとは思いますよね。そんなにあれこれ考えなくとも、自分の想像通りに楽しめていますし。

タイミングは給料日が基準

風俗で遊ぶとタイミングとしては、やっぱり給料日が一つの目安になりますよね(笑)給料日直後であれば財布もある程度は緩まりますしけど、ただそう思っている人は多いので給料日直後はどうしても風俗も混みあうんですよ(笑)だからどう考えるかですよね。給料日になってお金が入ったら一目散に風俗に行きたいって気持ちもあるんです。それこそ本音を言えば給料日は有休を使いたいくらいですよ(笑)でもさすがにそうもいきませんし、風俗で遊ぶのに何時間も並ぶとなるとさすがにこちらの気持ちもだれてしまいますので、風俗で遊ぶのは給料日から少しずらしますね。この「少しずらす」がポイントなんですよ。本当にちょっとしたことなんですけど、でもちょっとずらすだけで結構空いていることも多いんですよ。忙しい時に挑むよりも、空いている時の方が女の子も余裕を持って接してくれるので、給料日から少し我慢した後に遊ぶのが自分のスタイルとして定着しつつあります。